心理テスト 日記
2008/8/3

日記目次(過去のテスト)
メルマガ購読する

ガウェインの結婚
いわゆるA級戦犯を考える
日本神話
ぶんぐの人生相談
よく当る占いサイト集
携帯で小遣い稼ぎ



心理テストに飛ぶ

「心太」と書いて、「ところてん」と読むことを知った…今日この頃。
(;^_^Aフキフキ

どう読んでも「ところてん」とは読めんがな。

せめて寒天の元ちゅうことで、「心天」やったら分かるけど…

ちゅうか、大宝律令にも出てくるほど歴史ある食べ物っちゅうのも初めて知ったわ。

当時は、天草の事を「凝海藻(こるもは)」って呼んでたらしく、「ところてん」もそのまま「凝海藻(こるもは)」って呼んでたみたいやな。

それが平安時代には「古々呂布止(こころふと)」って呼ばれるようになったんやと。

ここでの「こころ」は、「凝る(こる、こごる)」っちゅう意味で、「ふと」は餅みたいなもののことらしい。

それで「凝り固まった餅」っちゅうことで、「こころふと」って呼ぶようになったみたいやな。

字は当て字なんやろ。

で、鎌倉時代には「こころふと」に「心太」を当てるようになったんやと。

まぁ、「こころふと」なら、こっちの方が分かり易いわな。

で、室町時代には「こころふと」が「こころてい」って呼ばれるようになったらしい。

これは「湯桶読み」から来てるんやと。

「湯桶読み」っちゅうのは、前半を訓読み後半を音読みする読み方で、「合図」とか「手帳」とか和語と漢語の合成語を呼ぶ呼び方。

逆に、前半を音読み後半を訓読みするのを「重箱読み」って言う。

「太」は音読みすると「たい」やからな。

で、「こころてい」が「こころてん」になって、江戸時代には「ところてん」って呼ばれるようになってたらしい。

やっと「こころふと」が「ところてん」になったか。

字だけはそのまま「心太」が使われてて、それで「心太」を「ところてん」って呼ぶんやと。
\(⌒◇⌒)/バンザーイ

「ところてん」になるまで1000年かかっとるがな。

ところで、「ところてん」と言えば関西人のオイラは黒蜜なんやけど、関東じゃ酢醤油で食うらしいな。

「ところてん」なんか滅多に食わんから、東京に5年おったけど東京で食ったことがなく、この前ケンミンショーで初めて知ったわ。

酢醤油と黒蜜って味が真逆なんやけど…

他にも違う食い方あるんやろか?

違う食い方を知ってる人がいたら教えて下さい。

おもしろニュースは…
ぶんぐ瓦版
↑クリックして空メ






どんな恋も叶える
究極の恋愛の極意

それでは心理テスト
博物館に出かけました。
あなたが特に興味をひかれたのは、どの展示コーナーでしょうか?
次の4つの中から選んで下さい。

「18世紀のヨーロッパ展〜ポンパドール夫人とフランス宮殿物語〜」

「大恐竜展〜ティラノサウルス・レックスの時代〜」

「古代文明展〜エジプトファラオ時代とモアイ像で有名なイースター島〜」

「大自然と先住民族展〜ネイティブアメリカンの時代〜」
広告
Amazon.co.jpロゴ


ぶんぐ占い
恋愛心理テスト