Amazon.co.jp 一般
お金がたまるポイントサイトモッピー
■ メルマガ購読・解除 ■
ぶんぐ瓦版


高木美帆 表彰台で「悔しい」

1件
1-1件目
並び替えが出来ます

コメント投稿
[1] ぶんぐ(詳細記事)
高木美帆 うれし泣き銀も…わずか0秒20差に「1番を獲れなかったのは凄く悔しい」

 ◇平昌五輪スピードスケート女子1500メートル(2018年2月12日 江陵オーバル)


 うれし涙が止まらなかった。高木美帆(23=日体大助手)が1分54秒55でスピードスケートの個人種目では日本女子史上初となる銀メダルを獲得した。

 涙がかわいた表彰台。高木美は「改めて表彰台に立ってみて、1番を獲れなかったのは凄く悔しい気持ちが、またこみあげてきた時間だった」と言った。

 最終組アウトレーンの高木美は1度、フライングも最後まで気迫あふれる表情で滑り切った。優勝したブスト(オランダ)にわずか0秒20差。10日の3000メートルで5位に終わったものの、1500メートルは今季ワールドカップ(W杯)4戦4勝と最も得意とする種目。負けるわけにいかなかった。

 スピードスケートの日本女子は、10年バンクーバー五輪の団体追い抜き(穂積雅子、小平奈緒、田畑真紀)で銀メダル獲得しているものの、個人種目では銅が最高で史上初。メダル獲得も98年長野五輪500メートルで銅メダルを獲得した岡崎朋美以来、20年ぶりとなった。

 「最高の順位が獲れたことは誇れることだし、自信を持っていきたい。1000メートルとパシュート(団体追い抜き)でも今以上のレースができるよう準備したい」

 かつて天才少女と呼ばれ、10年バンクーバー五輪でスピードスケート史上最年少となる15歳で代表入りも、14年ソチ五輪では代表入りを逃した23歳。挫折を乗り越え、3大会越しでメダル獲得の悲願を成就させた。
(スポニチ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000164-spnannex-spo


2018 02/13 20:51

記事一覧
1-1件目

日記目次


ぶんぐ占い
ぶんぐ瓦版