ぶんぐ瓦版 号外
2008/2/13


◆ 割りばし事故 遺族の請求棄却

刑事裁判で無罪が確定して終わったと思ってたら、民事もやってたんやな。

何がしたいんや?

しかも刑事は過失を認めながらも、治療しても延命の可能性はなかったってことで無罪。

民事は過失も否定。

やればやるほど不利な判決ですな。

個人的には妥当な判決やと思うけど…

真実が知りたいんです。

って死んだ子供の写真持って会見してたけど、「真実が知りたい」っちゅうより、自分らの「思い込みを認めて」ってとこやろ。

ちゅうか、「真実」が分からんのなら教えてやろ。

割り箸くわえたまま走ってる子供を注意せんかったあんたが悪いねん。

言わば死なせたんはあんたです。

それに…

子供にかける言葉がない。

とも言うてたけど、どういう発想したらその境地にたどり着けるんか分からんけど、かける言葉が分からんのなら教えたろ。

「割り箸くわえて走ってるのを止めさせなくてごめんね」

ですわ。

何か被害者づらして、「発見出来んかった医者が悪い」「治療出来んかった医者が悪い」って言うとるけど、子供の安全を守るのは親の役目。

危険な事を放置し、注意喚起義務を怠った自分の責任は棚に上げて、治さんかった医者が悪いっちゅう発想は異常としか言いようがない。

医者は神様やないねん。

結果として子供が死んだんは気の毒やと思うし、誰かのせいにしたい気持ちも分からんでもない。

けどな、「可哀想」とか「気の毒」とかで判決出すわけにゃいかんねん。

この「可哀想」とか「気の毒」で、この判決を批判してるヤツもおるけど…

こうやって騒ぐと、ちょっとでもリスクのある患者は受け入れ拒否っちゅうて、診察すらしてもらえんようになるで。

安易に感情論で医者を批判するのは止めた方がええと思う。

まぁ、カネしか見てない腐った医者も少なからずおるけど…

この親も「真実が知りたい」と言いながら現実逃避せんと、そろそろ自分と向き合うべきちゃうか。

それにしても、シュレッダーの事故やらこんにゃくゼリーの事故とか、こういう医療過誤でもそうやけど、何かと言えばすぐに「何かのせい」「誰かのせい」っちゅう風潮はどう考えても変や。

勝ち取った「平和」やなくて、与えられた「平和」やから、こういう平和ボケが蔓延しとるんやろな。

自分が平和(幸せか?)じゃないのは周りのせいって発想になるのは、与えられてるからとし考えられん。

平和なんかは、自分で勝ち取って、自分で守るもの。

目覚まし時計は既に鳴ってるんやから、日本人もそろそろ起きて欲しいもんです。

詳細記事&コメント投稿

無料で使えるチョット
Hなトリビア満載サイト!



ぶんぐ占い
心理テスト