心理テスト 日記
2008/2/21
日記目次(過去のテスト)
メルマガ購読する
ガウェインの結婚
いわゆるA級戦犯を考える
日本神話
メール受信で小遣い稼ぎ
心理テストに飛ぶ

錯視は実におもしろい…今日この頃。
(o⌒ー⌒o)

前に幽霊が見えるのは錯覚・錯視やって断言してえらい怒られたんやけど、錯視を知れば知るほどおもしろく、幽霊なんかよりもっと不思議な感覚を体験出来る。

「見る」とはどういうことか』って事を考えさせられるな。

「見えた」と思ってる事は、実は真実やない事もある。

そういう事を純粋に考える「知覚心理学(認知心理学)」っちゅう学問がある事も初めて知ったわ。

まぁ、能書きは置いといて、錯視を見て下さい。

携帯用に画質をかなり落としてるから、見辛いかもしれんけど…

錯覚9

錯覚10

錯覚11

錯覚12

錯覚13

目がクラクラするやろ。
(=⌒◇⌒=)

どれもこれも動いてるように見えるけど、実は全部静止画。

年を取ると、騙されんようにしようとする意識が働くんか、錯視が見えんようになるらしいけどな。

年っちゅうより、素直か素直じゃないかの方が強いかも…

10代、20代の人は、かなり不思議な体感をしたんちゃう?

錯視の世界に興味を持った人は、錯視図典だまされる視覚 錯視の楽しみ方を読んでみる事をオススメします。

自分の認識に自信がなくなるかも。

幽霊が見える見えないっちゅうオカルトで非科学的な話に熱中するより、こういう科学的に解明されつつある人体の不思議っちゅうか、脳の仕組みを勉強した方が建設的やろな。

こういうのを体験すると、「見る」ことが如何に脳の先入観や思い込みに影響されてるのがわかる。

逆に、今見えてるものが信じられんようになって、オカルトにはまるようになったりして。
(= ̄▽ ̄=)

何にしても、たまにはこういうもんを見て脳を刺激しましょう。



ぶんぐのニュース言いたい放題
↑クリックして空メ



ロト6 1等を当てた
驚愕の方法を紹介

彼の気持ちわかる
無料占いサイト♪

それでは心理テスト
オオカミと7匹の子ヤギの話。
「オオカミには、気をつけるんだよ。しわがれ声で黒い足をしているからね」と言って、お母さんヤギは家に7匹の子ヤギを残して買い物に出かけました。
しばらくすると、「開けておくれ。お母さんだよ」と、誰かが家の戸をたたきました。
「開けるもんか。お母さんはこんなしわがれ声じゃない!!」と子ヤギたち。
そこでオオカミは、きれいな声になるように白墨を食べてまたやって来ました。
今度は戸の向こうから、きれいな声が聞こえてきました。
この声を聞いてお母さんの声だと信じた子ヤギは、何匹いたと思いますか?

「1匹」

「2匹」

「3匹」

「誰も信じなかった」

Amazon.co.jpロゴ


ぶんぐ占い
恋愛心理テスト