人気の名作から
現在放送中作品も
無料立読み配信中

心理テスト 日記
2008/8/14

日記目次(過去のテスト)
メルマガ購読する

ガウェインの結婚
いわゆるA級戦犯を考える
日本神話
ぶんぐの人生相談
よく当る占いサイト集
メール受信で小遣い稼ぎ

恋愛・仕事・将来の
『プチうつ』解消!


心理テストに飛ぶ

キューバと日本でベンチでの表情に天と地の差があった…今日この頃。
(;¬_¬)

国際試合の慣れの差もあるんやろうけど、「負けてもいい試合」で「失敗は許されない」って臨んだ結果があの悲壮感漂う表情になったんやと思う。

ダルビッシュの不調がどうこう言われとるけど、敗因は明らかに攻撃の固さ。

「失敗したらダメ」って意識が強すぎたから、ああなった気がするな。

今日の瓦版の号外でも書いたけど、日本式の精神論は委縮させるだけの気がする。

まぁ、オイラも昭和のスポ根世代のバスケット少年やから、精神論を全否定はせんけど、「練習中に水を飲むな」とか、腕立て伏せ、うさぎ跳びのやり過ぎは、明らかに体を壊す。

けど、それが当たり前やった。

その意識が抜け切らん世代の人間が監督してるのが野球の日本代表。

確かに、土壇場でその苦しさを乗り越えた精神力が、良い面に出る場合もある。

けど、今回の野球に限らず、いざって言う時にプレッシャーで潰れる日本人の方が多い気がする。

農耕民族は失敗したら1年を棒に振ることになるけど、狩猟民族は失敗しても明日また探せば良い。

「失敗」に対する受け止め方が全然違う。

その遺伝子の積み重ねが、切り替えの早さや、ネガティブ、ポジティブって差になってきてる。

そういうネガティブな資質を持ってる日本人に、「失敗はダメ」って強く意識させると、本来のパフォーマンスが出んのは無理もない。

こういうのは訓練せんと出来ん。

「メンタルトレーニング」なんちゅうもんがあるのは、そのせいやな。

幼少期から、失敗を叱るんやなくて、原因を考えて、それを乗り越える指導をするべきなんやけど、どうも「失敗」に敏感になり過ぎる傾向がある。

だから、安全な道を探すっちゅうか、挑戦を避けるような子が育つ。

日本人もそろそろ「失敗」に対して寛容になるべきやろな。

昨日の野球の負けは、1試合の負けっちゅう結果よりも、そういう日本人気質が気になったわ。

負けてもええから、もっと伸び伸びっちゅうか、楽しんで欲しいもんやな。

そうすりゃ、結果は後からついてくる。

悲壮感漂わせながら戦っても後悔しか残らんで。

おもしろニュースは…
ぶんぐ瓦版
↑クリックして空メ





超必見!!メチャカワ☆
どうぶつえもじ


それでは心理テスト
虐められている子供がいます。
虐めの張本人はもちろん悪いとして、その他に、あなたが一番腹が立つのは誰ですか?
次の3つの中から選んで下さい。

「虐められるままになっている子」

「見て見ぬふりをしている子」

「一緒になって虐めている子」
広告
Amazon.co.jpロゴ


ぶんぐ占い
恋愛心理テスト