心理テスト 日記
2009/4/30

日記目次(過去のテスト)
メルマガ購読する

ガウェインの結婚
いわゆるA級戦犯を考える
日本神話
ぶんぐの人生相談

メール受信で小遣い稼ぎ

あの人を虜にする
恋愛テクニックを伝授


心理テストに飛ぶ

「天使」「英雄」「強運」「絆」「楓」「一二三」が読めん…今日この頃。
/(-_-)\ ウ〜ン

「こんなん読めんって小学校出とるんか?」って言われそうやけど…

逆にこれ読めたら、ちょっとおかしいで(笑)

これ全部、子供の名前なんやけど、どう考えても読めんねんなぁ。

天使=みかえる

英雄=ひいろ

強運=らっきい

絆=はあと

楓=はいじ

一二三=わるつ


読めんやろ?
(^m^) プププ

2年前の瓦版でも取り上げたんやけど、この時の「天使」は「えんじぇる」やったのに今回は「みかえる」なんやな(笑)

あのぉ…
ミカエルは大天使なんですけど…

これがありなら、ラファエルもガブリエルもありやがな。

ちゅうか、「楓」が何で「はいじ」なんや?

まぁ、当て字は日本の文化やから頭ごなしに否定はせんけど、どうにもセンスがない。

例えば「九十九」と書いて、「つくも」って読むけど、これは九十九に1が「つく」と「百(も)」になるから、「つくも」って呼ぶようになったんやけど、こっちの方が遙かにセンスがあるっちゅうかトンチが効いてる。

「小鳥遊」で「たかなし」とか、「月見里」で「やまなし」とか、「四月一日」で「わたぬき」とか、「一二三四五六七」で「恥知らず」とかっちゅうのもあるけど、どれもトンチが効いてる。

「小鳥遊」は、小鳥が遊べるってことは鷹がおらんからってことで「たかなし」やし、「月見里」は、月見が出来る里は山がないってことで「やまなし」やし、「四月一日」は、丁度衣替えの季節で、綿が入った着物から綿を抜くから「わたぬき」。

「一二三四五六七」は、ちょっとひねり過ぎなんやけど、「孝、悌、忠、信、礼、儀、廉、恥」の八徳と1〜7で8がないことをかけて、「恥じがない」っちゅうことで「恥知らず」。

去年の宅配便で洒落看板を取り上げたけど、昔から当て字はあるんやけどセンスがある。

今の当て字のセンスは、頭の悪い暴走族が「夜露死苦」って書くのと変らん。

しかも我が子の名前…

国際化か何か知らんけど、完全に日本語能力の低下が原因やろな。

こういう名前を付ける親を減らすにゃ、国語の授業に力を入れて欲しいもんです。

癒しの言葉は…
ぶんぐ瓦版
↑クリックして空メ





脚痩せ10日で-6cmの
実績!速効性抜群

魂を揺さぶる
究極の姓名鑑定

それでは心理テスト
あなたはOLです。
仕事が終わり、あなたはロッカールームで制服から私服に着替えます。
靴も履き替えるのですが、さて、どんな靴を履いて帰るのでしょうか? 次の4つの中から1番近いものを1つ選んで下さい。

「ヒールの高いパンプス」

「中ヒールのパンプス」

「ウォーキングシューズ」

「おしゃれ系のぺたんこ靴」
広告
Amazon.co.jpロゴ


ぶんぐ占い
恋愛心理テスト
ぶんぐ宅配便









携帯アクセス解析

携帯アクセス解析